三木市の歯医者・小児矯正ならママとこどものはいしゃさん三木院

CAD/CAMシステム

  • HOME
  • CAD/CAMシステム

CAD/CAMシステム

CAD/CAMシステム

世界標準のリスク予防と審美性を兼ね備えた治療

CAD/CAMシステムは、3Dプリンタの技術を用いてあなたのお口の形状を精密にスキャンし、セラミックのブロックをコンピューターにより正確に削りだして詰め物、被せ物を製作する画期的なシステムです。

3Dプリンタ技術を用いた近未来の治療法

医療は日進月歩です。
以前なら考えられなかった夢のような治療ができるようになりました。それがです。
以前の歯科で用いられるつめ物・かぶせ物は、歯科技工士という人間が作っていました。
そのため、どうしてもヒューマンエラーが起こることがありました。CAD/CAMシステムは、大部分をコンピューターで行うため、ヒューマンエラーが少なく精度の高い物ができます。下に示した図は、CAD/CAMシステムを用いた治療の流れを示しています。

従来の型取りの不快感を味わうことなく、青色LED3D光学カメラを使用して患部の歯列がモニター上に再現されます。

あらゆる角度から噛み合う部分や形を微調整し、理想的な形にしていきます。設計後、様々な色のセラミックブロックからもっとも適した色を選びます。

コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、見る見る内に精度の優れた修復物を加工、作製していきます。

10年間で90%以上の残存率を実現するCAD/CAMシステム。削り出されたセラミック修復物を口腔内へセットします。これですべての治療が完了となります。

CAD/CAMシステムが、なぜ歯の予防につながるのか?

日本人のむし歯発生率は、欧米など先進国の中でワースト1だと言われています。
これは、日本人が初期のむし歯にした際、多くの場合に「金属」の詰め物・被せ物を選択することもその1つとして考えられます。一度、歯の治療を行うと、必ず詰め物や被せ物と、自分の歯の境目に“隙間”ができてしまいます。この隙間にむし歯の原因菌が入り込み、手の施しようがないくらいまでむし歯を進行させてしまいます。
実は、むし歯が大きくなる本当の理由は、「歯を削った後の詰め物の隙間」なのです。金属の詰め物、プラスチック(レジン)の詰め物は、この隙間が大きくなり、また近い将来、むし歯が再発するリスクを下げることが難しくなります。
下記の表にあるとおり、アマルガムやメタルインレー、また摩耗のはげしいレジンなどの平均寿命は非常に短くなります。
一方、CAD/CAMシステムによるセラミックの寿命は、この隙間を作りにくくすることができ、歯の汚れも付きにくいという性質から、平均寿命の観点からも非常に優秀な成績を残しており、結果として、歯の予防に貢献しているといえます。

セレック

一定の品質のつめ物・かぶせ物を提供

歯科技工士が従来の方法で作製する補綴物は、その日の気温・湿度・技工士の体調などの影響を受けます。また技工士の力量や思い込みで十分な品質でない物もあり、患者さまに迷惑をかける事がありました。
CAD/CAMシステムは、歯の並び・大きさ・噛み合わせを考え多くのデータの中から最適な物を選び出し、専用のセラミックブロック(均一な陶器の固まり)の塊を削り出すので、一定の品質を保った補綴物を作製することができます。

セレック